【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

休み明けは、どうしても仕事に行くのが面倒になったり、何となく疲れていることがあります。こんなときの対処法をGoogleに訊いてみるべく、適当なキーワードを入れて検索してみると、まぁ出てくる出てくる・・・色んな解決策が出てきます。

ザっと目を通してみても、自分の状態に近いようでちょっと違う、みたいな感じがあって、どうしたらこの倦怠感から抜け出せるのだろうか、なんて思うことがあります。

そんな時、私はこのようにします。何かを始めるときには、「常にやりたいことノートを見ることから始める」ようにしているのです。これは以前読んだ『ブレイン・プログラミング』に書いてあったものを応用したやり方です。

私流「やりたいことノート」には、まず目的を書いて(自分が幸せと感じるものを)、次にやりたいことをA・B・Cにランク付けして、どんどん書いていくのです。それに対するプラスのイメージも添えます。思い付いた時に、どんどんノートに書き込んでいくので、見開きのページがすぐにいっぱいになります。

そうやって、やりたいと思ったことを書いていくと、そのやりたいことの情報を脳が勝手に集めてきてくれて、ポジティブなイメージの連鎖が起こるのです。それがどんどん自分の頭の中に浸透して現実がその理想に引き寄せられていくような感じがするのです。

だから、朝起きて、何となく気分が乗らないときは、正直なところ後ろ向きになってしまったりするのですが、その「やりたいことノート」を見る習慣を付けたお蔭で自然とスイッチが入って手が動くようになるのです。

不思議なことに手や体が動き出すと、頭のスイッチも切り替わって来るのです。どうしてそうなるのかは医学的なこと等専門的なことは分かりませんが、体がそうなると、頭の中の思考回路が付いてくるような感じになります。

「やる気が出ないときにこうして対処する」というよりは、常にやる気の出る状態を維持するために、何かを始める前に習慣化していることがある、というのが私のやり方です。

ちなみに「やりたいことノート」に書き出すようになると、人生がどんどん前に進んでくことが実感できます。1ヶ月くらい経つと、見開き1ページがいっぱいになるので、また新しいページを開いて、もう一度、目標設定から書き直します。

これは自分の辿った軌跡を残していくことでもあるし、未来に向けてロードマップを描くことでもあると思うのです。自分のルーツも深くなるし、少し時間を掛けてやってみると、本当にいいものですよ。良かったら、試しみてくださいね。

あと、体の疲れが溜まっているときは、疲れが原因でやる気が出ないのかもしれません。そういうときは、美味しいものを食べて、たっぷり寝るのがいいですね。食欲がないときは、私は甘酒をお勧めします。それも麹甘酒がいいですね。最近、神楽坂にオープンしたこちらの甘酒専門店は、色んな種類の甘酒が揃っていて試飲も出来ますよ。→ http://noren-japan.jp/store/murokagurazaka/

 

関連記事

カレンダー

2019年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031