【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

何事も計画ありき、とは言うけれど、やったことないと計画ってどうやって立てるのか分からないですよね。こちらは、以前、私がまとめた「計画の立て方」です。初めてという方は、まずはこちらで流れを掴んでください。→ 計画の立て方

そして次に、税理士試験の合格を本気で目指したなら、一番最初にやるべきことは、「受験勉強の計画」を立てることです。

計画を立てるときの意識の持ち方は、上記の通りですが、実際にやることは、もっと現実的でシンプルです。長期計画→中期計画→短期計画という手順で、自分がどれくらいの時間を受験勉強に充てられるか予測を立てるのです。

そしたら、あとは、受験する科目の順序を決めて、何をどこまでやるかといった量で計画を立てます。これは受験指導校から案内が出されているカリキュラムに従うのが無難です。

税理士試験の受験勉強は、5月のGW前までの「インプット期」とGW明けから本試験日前までの「アウトプット期」に大きく分けることができます。このそれぞれの期間に何をどこまでやるのか大雑把に計画を立ててから始めます。

あくまでも計画ですので、やり始めるとたいてい狂ってきます。そしたら、リカバリーすればいいだけです。そのためにはある程度、柔軟に余裕をもって計画を立てておくことが必要です。

また、一週間単位で自分がどれくらい勉強しているのかを記録しておくとよいでしょう。こちらの記録表を使って記録を付けてみて下さい。→ 勉強実績記録シート ダイエットと同じで記録を付けるようになると、思ったより自分が勉強していないことが分かってきて、勉強するようになりますよ。

難しいことは考えず、とりあえず、やってみる。それから、軌道修正したりすればいいのではないでしょうか。

あと、「遊びの時間」も計画の中にあらかじめ入れておいてくださいね。そのほうが励みになりますから。

関連記事

カレンダー

2019年9月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30