【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

長い文章を書く場合、今はほとんどブラインドタッチ、あるいは、音声入力を使ったりすることが多くなりました。SNSなどを活用した文字によるコミュニケーションが一般化してきたため、文字を書いて、その書いた言葉で何かを伝えることが上手な人の方が色々なチャンスを掴むことができると思います。

では、文字を書くのがどうしても苦手な方はどうしたらいいのか? 実は、私の知り合いにも文字でのコミュニケーションが苦手という人もいます。

なんか勿体ないですよね。苦手意識というのは、思い込みによるものも結構多かったりするからです。

たとえ文章を書くことを仕事にしなくても、ある程度、文章を書くことに慣れておくことは、これからの時代に必要なことだと思います。

もし、少しでも文章を書くのが上手くなりたいと思うのであれば、とりあえず、毎日文章を書いてみて下さい。そのとき、最初は何を書こうかなどテーマの選び方や文章の構成などに頭を悩ませるでしょう。でも、それらはネットでググれば、ある程度の知識を探し出すことができます。必要な知識を身に付けて毎日練習すれば、誰でもある程度は上達するはずなので、大切なことは、それを毎日継続することだと思うのです。

継続するために、私がオススメする方法は、とりあえず、毎日何文字書けたかをカウントして日記などに書いておくことです。文字カウントについては、こんなサイトもありますので、ぜひ使ってみて下さいね。→ 文字カウント

まずは3ヶ月。年内いっぱい続けられることを目標にしましょう。そして、その文章を書くのにどれくらいの時間がかかるのかを計っておきます。

そうこうしているうちに、税理士試験の受験勉強もだんだん忙しくなってくるでしょうし、「文章を書くこと」をそんなに意識しなくても、ある程度、自分の考えを言葉でまとめられるようになってきます。

そのときには、自然と、税理士試験の受験勉強における理論問題が以前よりスラスラ解けていることに気付くでしょう。

それを目指して頑張りましょうね!(^^)/

関連記事

カレンダー

2019年9月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30