【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

国内取引の判定」とは、その取引が国内で行われたかどうかを判定することです。

日本の消費税法の施行地は日本国内で行われた取引が対象ですから、考えてみれば、消費税法の課税の対象として当たり前の要件ですね。

この論点は、まずは教科書で基本的なルールを押さえたら、色々と具体例を見ていくのが一番よい学習法だと思います。

たとえば、輸入取引において、日本の消費税の課税の対象とされる取引は、「保税地域から引き取る課税貨物」とされています。したがって、国外からサービスを受けて支払う対価は、輸入取引として消費税の課税の対象とはならないのですね。

少し応用的な内容になりますが、質疑応答事例(国税庁サイト)で、「国外に支払う技術使用料、技術指導料」の消費税の課税の対象について、考え方がまとめらていますので、参考にしてみて下さい。

初めて学習する段階では、すべてを完璧に理解しようとするのではなくて、まずは大雑把でいいので、「こんな感じ」というざっくりとたイメージを掴むようにしましょう。

学習が進んでいくと、そのうちだんだんと知識が整理され分かるようになってきますから、安心してください。

関連記事

カレンダー

2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031