【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

国内取引の消費税の課税の対象の要件の一つに、「資産の譲渡及び貸付け並びに役務の提供であるかどうか」というものがあります。これは、モノの譲渡・貸付、サービスの提供のことですね。

身近な例では、商品販売や不動産賃貸業などが挙げられます。皆さんが税理士になったときに行う税務相談や税務コンサルなどのサービスも、この役務の提供に含まれます。

これからの時代を考えれば、ITを使ったサービス提供が多くなりそうですね。そんな中、今、私が注目しているのは「楽天」のサービスです。→ https://corp.rakuten.co.jp/innovation/tag/29-279/

楽天は、これからもっと色々な事業に参入していきそうな感じがします。通信事業も英会話教室も有機野菜を提供するカフェも・・・後から参入してきて追いかける側のパワーってすごいですものね。

このように身近なところから、事業や経済、人々の動きをウォッチングしていくことって結構面白いと思うもです。学ぶことも多いですし、応援したい人や事業も発見できるし、また、将来の自分の仕事にも繋がっていきそうな気がします。

 

関連記事

カレンダー

2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031