【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

やるなら「今でしょ!」

「仕事」は「生もの」。これは、私がこれまで仕事をしてきて実感する、率直な感想です。

だから、何かアイディアが閃いたり、企画が持ち上がったりしたら、すぐに形にすることを心掛けています。

時間が経ったりすると、どうしても物事は無難な方に流れていく傾向があるようです。せっかく思い付いたことも、実行に移すことなく流れて消えてしまいます。

そうならないためには、アイディアや企画などが持ち上がった時に、すぐにメモして残しておくこと。必要であれば、すぐに企画書にまとめて話し合いのたたき台になっておくものを作っておいたりするといいですね。

そうすると、頭の中がスッキリしますし、単なる理想だったものが、一度アウトプットして紙に書き出してみると、どんどん現実のものになってくる実感が湧いてきます。そうなると、具体的な計画も立てやすくなるし、次に目的を達成するために何が必要なんだろう?って考えるようになります。

こういう思考回路って、自分で意識して育てていくものなのですよ。私はそう思います。

それが分かってくると、仕事を好きになると思うのです。だから、余計なストレスを感じることなく、仕事を楽しいと思えるようになるから、スキルもアップするしモチベーションも上がるから、仲間とのコミュニケーションだってスムーズになってきます。

昔、私は全く逆の環境に置かれたことがありました。そもそも仕事が嫌いな人が集まっている会社。(・・・今ではそのように解釈しています。)そうなると、上司は必要以上に嫌がらせ?パワハラをするし、能力の低い人を活用するため、わざとらしく誉めたりもするし・・・。私は、シラケた気持ちで傍観していたのを今でも記憶しています。なんか可哀そうな人たちだなぁって思います。

環境を変えたいと切望した私は、それはそれはド真剣に勉強や仕事を頑張りましたよ。だから、今があるのだと思っています。そして、感謝しています。過去に経験した見聞きしたこと全ては、私の学びだったのだと思うからです。

自分が頑張って前に進んでいると、時には非難されることや足を引っ張る人も出てくるでしょう。でもね、そういう人は自然に消えていくもの。自分の周りには次第に自分と同じ価値観の人、お互いに支えあえる人たちが集まって来るものなのです。

心配しなくても大丈夫。

自分の個性を知って、今の自分に出来ることを一生懸命やって、そして、社会の中で誰かのために自分の役割を見出せることができたなら、そのとき、自分の歩くべき道は自然と開けてくるものだと思うのです。

もし、何かをやるなら「今」です。勉強も、やると決めたなら、「今」からスタートして、少しでもいいから前に進んでいけば結果は必ず後からついてきます。

一緒に頑張りましょうね。(^_-)-☆

 

 

関連記事

カレンダー

2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031