【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

物事が上手く運ぶには、タイミングを見計らうことが結構重要なポイントだと思います。

いくら内容がよくてもタイミングがズレれば、そのまま流れていくだけですし、多少おおざっぱなものであってもタイミングがピッタリであれば、すんなりと通ることがあります。

例えれば、すごくお腹が空いている時だったらば、近くの空いているレストランやコンビニに衝動的に入りたくなる感じ。でも、そんなにお腹が空いているワケじゃないっていう時だったら、ダイエット食とか美容や健康に良いものを食べたい、少なくていいから美味しいものを食べたいっていう感じになるじゃないですか。

何か新しい物事を進めるときや、アイディアを実行に移したいときは、まず、自分の考えや目的を整理するとともに、相手のタイミングを見計らうことを心掛けたほうがよいと思います。

一度立ち止まって「相手」の目線で考えてみるのです。

これは思いもよらないほど効果が大きいでしょう。アイディアだけで突っ走って行ってしまって失敗したなどという苦い思い出がある人なら、なおさら効果の大きさを切実に感じると思います。

これから年末年始にかけて人に会うことが多くなる季節です。この姿勢を試せる機会が結構多いはず。練習だと思ってちょっとやってみてはいかがでしょうか。

この姿勢は実は本試験の時だって充分役立つのですよ。だって、問題を作る試験委員の先生だって人間ですから。試験委員の目線で問題を読めるようになったとき、どこを解けばいいのか何となく分かってくると思います。

そのとき、今よりも確実に高い視点から物事を見られるようになっているでしょう。いわゆる自己成長実感が感じられる幸せな瞬間が待っていると思いますよ。自分に期待してみて。(^_-)-☆

関連記事

カレンダー

2019年11月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930