【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

今は色んなことに挑戦するのに、本当にいい時代です。WEBで検索すれば、調べたいことはすぐに分かりますし、さらに落ち着いて知識を得たいという方は、本を買ってじっくり読んで身に付ければいい。

でも、ときどき注意しなければいけないなぁと思うのは、WEBでの情報は無料でたくさん公開されているため、ときどき説明のポイントがズレていることがある点です。

WEBライティングという仕事は、検索したときに上位に表示されやすいように記事を書く仕事だと聞いています。ということは、すでに私たちが検索して一番最初に出てくる情報は、いわゆるSEO対策をされた広めたい情報を読まされているということです。

その中にはもちろん有用な情報もあり便利で有難いのですが、それを書くWEBライターさんは必ずしも、その記事に関する専門知識を持っているわけではないのです。その分野に関する情報を集めて、短時間で読みやすく手を加えるのがWEBライターさんのお仕事の一つだからです。そういうことを知った上で、読み手も賢くならなければなりません。

一方、本はどうかというと、たまに古い情報が載ったままということがあります。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』については、年度版なので、毎年改訂されているので安心ですが、古い年度のものを教材として利用してしまうと、最新の税制に対応していなかったりします。

そこで、WEBと本の長所だけを上手に利用した「WEB+本」でのインプットが、忙しい方には一番オススメの学習法ではないかと思われます。最新の情報はWEBで手に入れて、本からは体系立てた基本の抜粋、つまりその分野の骨格となる知識を手に入れることです。

私が日頃から実践しているのは、新しい分野を学習するときには、必ず基本書をどこかからか買ってきます。税法関連の書籍でしたら、東京の水道橋駅近くにある「丸沼書店」がオススメですね。たくさんの法律関連の書籍が置いてありますし、割引もあったりします。詳しくは、書店にお問い合わせくださいね。(^^♪

そして、インプットの完成度を高めてこそ、アウトプットの練習がモノになります。その際には、アウトプットはぜひ教室で受けましょうね。やはり、教室にいてライバルたちが隣で必死に勉強している緊張感の中でしか高められない精神的な鍛練というのはあると思うからです。

それはまた追々お話していきますね。5月GW明けくらいかな。。。今は年末の忙しい時期にも、毎日少しでいいから勉強を継続することが一番大変で大切なことかも知れませんね。(^_-)-☆

 

関連記事

カレンダー

2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031