【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

今年も年末大掃除の時期になってきました。この大掃除のことを「煤払い」といい、昔から年の瀬の行事の一つになっています。

私も、先週末に玄関周りの煤払いを中心にやりましたよ、大掃除。ちょうどお天気も良かったですし、我が家も少しずつ新しい年を迎える準備を進めています。

お掃除のときに、よく「重曹」を使うと便利だって言いますよね。どこでも手に入るし、お手頃だし、お料理やスキンケアにも使える!・・・魔法の粉です。

消費税法の学習をしている方にとっては、消費税率が気になるところです。

消費税率が10%となるか、8%となるかの判定は、売り手が販売する時点で行われることになります。「重曹」を食用として販売した場合は、軽減税率を適用し8%、清掃用として販売した場合は、標準税率を適用して10%となります。

これは、重曹を買った人が、何に使っても、この売り手の販売時点で適用税率が判定されることになるのです。買う方としては、食用として買った方がお得な感じがしますよね。

さて、この「重曹」ですが、これからおせち料理を作る時にも大活躍します。お料理をするときの重曹の使い方も知って、今年は家事と料理の腕にさらに磨きをかけてみてはいかがでしょうか。(^_-)-☆

 

 

関連記事

カレンダー

2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031