【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

欧米には「ビジネス・エンジェル」と呼ばれる人がいるそうです。これは、創業間もない企業に対し資金を供給する裕福な個人のことをいい、「エンジェル投資家」とも呼ばれています。

そして、この言葉は、日本にも輸入され、令和2年度の税制改正大綱にも出てきています。大綱の一部分を挙げると、「・・・クラウドファンディングを通じたエンジェル投資の利便性を向上する・・・」という件(くだり)で使われていますね。

こういうのは、決して難しく考えなくていいと思うのです。特に、受験生が税制改正などを読んで受験勉強に役立てようとする際には、税制改正の目的を考えて、その意図を汲み取るように解釈しましょう。そうすると、改正前と改正後を比較して、どこがどのように変わったのかが明らかになるため、新しい論点を忘れにくくなります。

皆さんもご存知のように、エンジェル(angel)は直訳すると、「天使」という意味です。

おそらく今、合格を目指して受験中の皆さんが税理士になる頃には、また時代が一歩先に進んでいるでしょう。さまざまな分野でイノベーションが起こり、その波が色んな形で影響を及ぼして、税理士の仕事もまた変わっていくと思います。

そのときには、きっと税理士となった皆さんは、バイタリティーあふれる起業家を支援する立場になるでしょう。生まれたての事業、これから育てて世の中に送り出していく事業は、軌道に乗るまでには、少しばかり時間が掛かります。

税理士である皆さんは、その起業家たちのエンジェルになって背中を押してあげて欲しいですね。与えるものは、お金だけじゃないと思います。有用な情報であったり、人との繋がりであったり、安心感であったり。。。

私は身近なところからの貢献が、やがては大きな社会への貢献になっていくものだと信じています。”いい税理士” であれば、きっと大変な受験勉強を乗り越えて、この資格を手に入れた、その努力に見合う、いやそれ以上の大きな財産を手に入れることになると思います。

関連記事

カレンダー

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031