【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

税理士試験は、ありがたいことに毎年夏に実施されます。だから、冬の間は体力、気力、知力を蓄えるのにちょうどいい時期です。

日本の学校制度ではたいてい冬に受験シーズンを迎えるため、受験生たちはインフルエンザにかかる心配をしたり、何らかの寒さ対策をして受験に備えるということが多いと思うのですが、税理士試験をはじめとする会計系の国家試験は”夏”が正念場なんですね。

もともと私たち哺乳類は寒くなると活動が抑えられて、少ないエネルギーで過ごすという習性があるそうです。いわゆる”冬眠”する生き物もいますものね。→ http://acorn.okamura.co.jp/topics/column/2019/02/19/toumin/

税理士試験の受験生が本試験で本領を発揮するためのペース配分としては、やはり5月GW過ぎ辺りから、つぼみが色づき始めて、6月くらいからつぼみが膨らみ始め、7月中旬くらいに開花を始め、8月の本試験日に向けて花盛りのピークを持って行けるようにするとよいと思います。

そのためには、冬の時期は、知識を蓄えること。たくさん勉強して頭が疲れたら、しっかり睡眠を取って頭を休ませること。体を動かして気分転換を図り、上手にリフレッシュすること。

近頃、眠くってたまらないという方は、自分の体にムチ打って必要以上に厳しくするよりも、体の声に耳を傾けてしっかりと休養を取りましょう。それは、これから夏に向かって咲かせるための準備かもしれませんから。

関連記事

カレンダー

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031