【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

神社へ祈禱料を納めるときは、お金をご祝儀袋に包むべし。

「今年の合格祈願をしておこう。」神社へお参りに行くときに、本格的にご祈祷をお願いする場合は、祈祷料を持って行くことがあります。5,000円とか10,000円くらいが相場でしょうか。この金額に消費税は係ると思います? 答えは「消費税はかかりません。」(以前もブログで祈祷料に関する記事を書いたことがあります。→ http://shouhizei-navi.jp/2018/01/06/pray-to-god/

つまり、神社への祈祷料について会計処理をするときには、不課税取引となりますね。

また、実際に神社へお金を持って行くときには、「ご祝儀袋に包む」というのが日本古来からの習わしです。できれば、新札を包んで持って行くようにしましょう。

服装は「和服でなければいけない。」というルールはないそうですが、ちょっとくらいはカッコつけてお出かけ用の服に身をまといましょう。これも神様への礼儀ですから。

私も先日、神社へご祈祷に行ってきました。今度、春に九州へ引っ越しをするためです。今は関東に住んでいるので、遠距離になるなぁと思って。

実際、ご祈祷を受けて見た感想は・・・「清々しい!」です。最初は、なんか怪しいのかなぁって思ってたんですけれど、神主さんにお祓いをして頂いて、太鼓や鈴の音、ご祈祷を捧げる音を聞いていたら、心が洗われたような新鮮な気持ちになれたのです。

神社って、どこでも木が多くて神聖な”気”が宿っている感じがします。人生の節目には、こういう日本に昔から伝わる文化に触れても良いかもしれません。

関連記事

カレンダー

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829