【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

インプットのときは”疑問を作るな!”。アウトプットのときは”問題を疑え!”

今回は、受験勉強をするときの意識の持ち方について触れてみたいと思います。

「インプットのときは”疑問を作るな!”。アウトプットのときは”問題を疑え!”」・・・ちょっと言葉が強いように感じられますが、このような姿勢で学習していくと、成績が伸びてくると思います。

というのは、インプット、つまり、知らない論点を学習する段階で、必要以上に疑問を作りすぎると、受験上の「正解」を覚えるのに時間が掛かり過ぎてしまうようになります。

また、アウトプットのときに、問題を疑えるほどの、インプットした自分の知識に自信がないと、ただ闇雲に問題文を読まされているだけで能動的に取捨選択をして問題を解くというレベルに到達できくなってしまいます。

だから、インプットのときは、とりあえず、先生の言っていることを信じて、今使っている教材を信じて、まずはそれを使って基本的な知識を一通り覚えること。

次に、アウトプットするときには、自分の頭を使って色々と考えなければいけませんから、苦しくても、問題とにらめっこして、一定の時間は疑問を持って考えてみる。そうすると、自分の知識がより深められてくるのです。

何事にも「王道のやり方」というのがあります。

だから、今の自分のステップに合わせて、意識をコントロールしながら進めていくと勉強も面白くなってくると思いますよ。(^^)/

関連記事

カレンダー

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829