【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

先日、知り合いの証券マンの方と話をしていて、たまたま「シティバンク」の話が出てきました。私はこれが固有名詞であることを分からず、市の銀行という単純な翻訳イメージで考えてしまったので、もう全然話についていくことが出来ず、恥ずかしい思いをしました。

もちろん、いいタイミングを見計らって、友人に質問をぶつけて見たのは言うまでもありません。ですが、やっぱり、専門用語がでてきてイマイチ分からない。

仕様がないので、自分で調べることにしました。そしたら、「シティバンク」って、固有名詞だったんですね。しかも、シティバンク銀行株式会社は2年前くらいに既に解散していました。→ シティバンク銀行とは

このように調べていくうちに、他にも色んなことを知りました。日本の銀行って、中央銀行と普通銀行に大きく分類され、さらに、普通銀行のなかで都市銀行、地方銀行、そのほかのネット銀行などがあるようです。

もしかしたら、常識的なことなのかも知れないけれど、必要に迫られないとなかなか知ることができない大切な知識。これから、税理士を目指す皆さんには是非今のうちに知っておいて欲しいです。

それと、、、受験生レベルでも、本試験の問題などで時々、こうのように一定の業界の常識を知っていないと読みにくい問題なんかが出てきたりすることがあることを付け加えておきますね。(^_-)-☆

関連記事

カレンダー

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829