【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

何かを新しく始めるには、まずは ”戦略ありき” と覚えておきましょう。

たとえば、何かの趣味の延長線上に、それを商売にしたいと考えたとします。”戦略” がないと、ただただ準備して勉強して経験を積み重ねて疲れていってしまうんです。逆に、”戦略” があると、どんどん新しい局面を迎え、次々と展開していき、さらに高みを目指せるようになるんです。

人生って面白いですね。

私の知り合いに、お花が大好きな人がいます。生け花、フラワーアレンジメントなど色々なことをやっていて、腕前もすごくいいんです。その彼女がお教室を自分で持ちたいと考え、サイト制作から受講生に配る資料作りから、色々なことを勉強しているのを知っています。ただ、そんなに人が殺到するほどではないのが残念です。

なぜでしょうか?

自分のお花を活ける腕前をどんなに磨いても、サイトでどんなに美しい花々の画像を見せても、見ている側が「私もこんな花を活けたい。このお教室に参加してみたい。」と思って、自ら動かない限り ”生徒さん” にはならないんですね。

第一の壁は、集客だったのです。

客が何を望んでいるか? それは、大きな観点から見れば、社会のニーズを捉えるということだと思います。

よく考えてみれば、この「社会」の中に、自分だって含まれているんです。だから、社会のニーズを捉えることの一部分は、自分のニーズを捉えること、つまり、自分が本当に求めているものは何かということを知っていることではないかしら。

何か新しいことに挑戦するとき、必ず、前もって ”戦略” を立ててから行動を開始しましょう。そうすれば、反省もしやすいし、改善点が見えて、次に自分が向かっていく方向性がブレずに済みそうです。

とは言え、私なんかも、思い付きで行動することは、今でも度々あるんですけどね。( ;∀;)

 

 

関連記事

カレンダー

2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829