【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

年末の税制改正大綱が出されて、年明けの通常国会で審議され法案が可決されると、新しい法律が誕生します。税法に関する分野では、この毎年行われる「税制改正」が注目されます。

この税制改正は、実際の経済情勢に合わせて行われるため、世相を反映したものになりやすく、世の中がどういう状況にあって、どういう方向へ向かおうとしているのか、を推し量るのに大変興味深い内容となっていると思います。

私は仕事柄、受験に関係のある部分のみをチョイスして解説を加えていきますが、取り上げない部分にも必ず目を通しています。単純に面白いから、という面もあるのですが、やっぱり日本人であるせいか、今後の日本の行方みたいなものが気になるんですね。

受験生の立場では、なかなか普段は財務省のサイトを自分でチェックして細かく見ていくことはないと思います。また、受験には関係のない情報も多いため、受験勉強期間中に、必要以上の情報のインプットを行うことで混乱してしまうのを避けるため、わざと見ないようにしているという賢明な方もいらっしゃるでしょう。

ただ、もし、今、受験勉強以外の時間で、たとえば、お昼休みや通勤中などで少しの時間を見つけられたなら、ちょっと財務省のサイトを覗いてみるのも勉強になると思います。

今年の税制改正が行われた箇所を「新旧対照表」という形で、さらに、税目別に掲載しているページはこちらです。→ https://www.mof.go.jp/about_mof/bills/201diet/st020131s.htm

読み慣れないと難しく感じられるかも知れませんが、傍線の引いてある箇所が改正された部分です。そこにサッと目を通しておくだけでも(これを毎年繰り返していくと)、いずれ慣れています。

慣れるというのは、強くなることです。実務に就く頃には、条文に当たるのが上手くなっていると思いますよ!( ^)o(^ )

関連記事

カレンダー

2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031