【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

税理士試験科目の一つ「国税徴収法」を学習するようになると、国税の徴収に関するさまざまな手続きを知るようになります。その中で、「日の出」とか「日没」など一定の時間を指定する用語がでてきます。

さて、旅行をよくする方は想像つきますよね。日の出の時間って、場所や季節によっても違います。では、「日の出」っていつ?「日没」って何時?という素朴な疑問が湧いてきますが・・・

調べてみると・・・「「日の出」や「日没」は、太陽の最上点が地平線上に見える時刻をいう」という判決がありました。これに従うのが現在の一般的な解釈とされています。

なるほど。なるほど。( *´艸`)

また、実際には、その時刻については、その土地にある「地方歴」というものによって判断ください、というお達しもあるようです。”(-“”-)”

税法を学習し始めると、このように条文を正確に読まなくてはなりません。そして、条文を正確に読めば読むほど、いわゆる一般教養や常識とされる知識が必要になってくるんですね。

探求心をもって勉強していくと、非常に面白いのが、実は「税法」だったりします。つまり、税法は、大人の学問と言えるでしょう。私は好きですけどね。

さて、これをきっかけに暦に興味を持った方は、こんなサイトもありますので、あとで読んでみて下さいね。→ 日本の暦

産地直送野菜のお申し込みはこちら→ お申し込みフォーム


 

関連記事

カレンダー

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930