【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

今は「コロナウィルス、コロナウィルス・・・」ばかりで、外出できないし、そうなると、受験生にとってはアウトプットの練習をできる環境が限られてくるから不安になりますよね。

そんなときは、Youtubeを活用して勉強しましょう。

先日、過去に出題された消費税法の試験問題を見ていて、つくづく思いました。「やっぱり、出題傾向ってあるなぁ。納税義務の判定を得意にしておくと、効率的に得点できるものだなぁ。」と。

そこで、直近の過去問で出題されていた納税義務の判定、それも「事業年度の変更があった場合」について、下書きの書き方を動画で撮影することにしました。このような類題は、過去にもよ~く出題されるんです。これに新設法人の論点を絡めてたりしたら、最近の本試験の出題傾向にかなり近いですね。

思うように学習が捗らないときは、このようなYoutube動画を見てるだけでも、計算の手順が確認できるからやっぱり違いますよ。勉強になるんです。

一番実力がつくのは、自分で問題を解くことを継続しているとき。でも、出来ないときは・・・イメージトレーニングのつもりでYoutube動画を活用してみてくださいね。下書きの書き方はこちらです。→ 消費税法計算問題 下書きの書き方

 

関連記事

カレンダー

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930