【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

先日、部屋の模様替えをして、自宅の机の向きを変えてみました。以前、ブログにも取り上げたので、机の向きをどの方位に向けると一番勉強しやすいか色々と試してみました。

まず、南向きにすると・・・日中、とにかく眩しいですね。窓から光が入ると尚更眩しいです。特にパソコン画面に向かって仕事をする場合は、瞳の中に直射日光が入ってきてサングラスをして仕事したほうがいいんじゃないかと思うほど、眩しいです。朝や夜、仕事をするならいい方位だと思いますが、日中、机に向かう人は止めた方がいいと思いました。

次に、北向きにすると・・・北側が壁で南に窓がある、という場合は、結構快適に仕事できますよ。背中を太陽のある南に向けて仕事するようになるので、身体はポカポカするし、机に並べる書類は北側の壁に向かって立てかけられるので整理するのにちょうどいい。ただ、、眠くなります。(´・ω・`)

さらに、東向きにすると・・・早朝から起きて勉強するには最高!天気のいい日には朝日が昇るのを拝みながら勉強できます。何だかそれだけでも天が味方してくれているような気分。朝日はあっという間に昇ってしまうので、思ったほど眩しくはないです。

最後に、西向きにすると・・・西側に窓がある人は、あんまり勧めませんね。西日って意外と強いし長い。あと、本とか洋服とかを西日の当たる方位に置きっぱなしにしておくと色落ちしてしまうっていうことにも気付きましたね。でも、仕事するには、日中は決して居心地は悪くないですよ。東と南に窓がある部屋なら、充分な光を背中や横から取り入れられるので、動きやすいですね。

運気とか、そういう専門的な話は別にして、自分がそれぞれの方位に机を置いて過ごしてみた私の率直な感想です。個人的には東向きが一番快適だったかなぁ。

外出自粛のこういうときは、家でしかできないことを思う存分、実験してみたりして楽しみましょう!(^^)/

関連記事

カレンダー

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031