【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

職業会計人の数字の読み方

人には色んな数字の読み方があると思います。たとえば、123,456,789とあったら、「1億2千3百45万・・・」と読む人もいるだろうし、「123,(カンマ)456,(カンマ)・・・」と読む人もいるでしょう。

私は先日、語呂合わせで目に焼き付けて数字を覚えて間違えずに転記するやり方をご紹介しましたが、あれは私の受験テクニックの一つ。(298,298,014→肉や肉やおいしい~と読むなど。)

あれから、いわゆる職業会計人と言われる人たちに少し話を聞いてみたのですが、私が知る限りでは、みんな普通の数字の読み方をしてましたね。

たとえば、298,298,014→「にきゅうはち にきゅうはち れいいちよん」みたいな。(´◉◞౪◟◉)

3桁ごとに区切って読むみたいです。これがスタンダードなんでしょうね。一応、知っておいた方がいいかなと思って、まとめてみました。以上。(^◇^)

 

関連記事

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031