【税理士試験受験生必見】税理士試験『消費税法』合格情報サイト。『みんなが欲しかった!税理士消費税法の教科書&問題集』の著者が過去問を徹底分析して分かりやすく解説!

menu

税理士試験消費税法ナビ

TAG直前期学習法

控除対象外消費税額等の話。

消費税法の学習をしていると、つい消費税のことだけ考えがちですが、実務に就くと、消費税額の計算は、たとえば、会社の決算業務をする場合、法人税額を計算するプロセスのなかの一つにしか過ぎません。 だから、消費税の知識を身に付けるときには、消費税…

本試験まで残り1ヶ月。これはハエの寿命と同じ長さ?

税理士試験まで残りわずか1ヶ月。この1ヶ月っていう期間、人によって長く感じたり、短く感じられたり色々だと思います。 この1ヶ月という期間、他の生命体の寿命、たとえば、ハエを例にとってみると、このハエは、種類にもよりますが、だいたい1ヶ月く…

理論を覚える”とっておきの場所”(^◇^)

今は3密を避けなければならないため、なかなか自習室で勉強するのも難しいですよね?  私が受験生の時は、受験モードに切り替えるために、自習室を利用していたことが多かったのですが、理論暗記のときは、屋外に出掛けました。声を出して音読したり、歩…

試験前日にやるべきことを準備しよう!

今年の本試験は、コロナの影響もあり、注意すべきことが多いと思います。気になる方は、消毒液やマスクなども準備しているでしょう。 勉強の方は、試験前日にやるべきことを今のうちから決めておきましょう。何でもいいですよ。 ただし、難問奇問はやめま…

ガソリン税にも消費税がかかります!

本試験の問題文を読むときには、瞬間的に不課税・非課税・免税・課税仕入れ、あるいは、課税売上げ・非課税売上げなどと判断できるようになっていたほうが有利です。 問題文に出てきて、ちょっとでも自信がなかったりすると迷ったりして時間があっという間…

取引分類は、仕入れ側よりも売上げ側を強く意識しよう!

今年、税理士試験消費税法を受験しようと準備してきた人なら、取引分類については、もう仕上げの段階まで来ているんじゃないかしら。 この「取引分類」とは、問題文を読んで、取引を不課税・非課税・免税・課税と分類することをいうのだけれど、この分類を…

軽減税率の論点、今年の本試験も出るよ!

私は、今年の消費税法試験にも軽減税率に関する問題は、何らかの形で出るんじゃないかと思っています。特に計算問題なんかは、売上げ側でも、仕入れ側でも出てくる可能性は十分にある!って思います。(あくまでも個人的には・・・というレベルですけれど …

ポイントを使って買い物をした時の仕入税額控除の考え方

よくお店でポイントカードを発行しているところがあると思います。 買い物をしたその場で「すぐポイントを使える」ものもあるし、「ポイントを貯めて、あとで別のものと交換する」なんてものもあります。ポイントを上手に貯めて使うと、結構お得だったりす…

カード決済をしている場合には、お店でもらった「ご利用明細」と「カード会社から送付されてくる請求明細書」の両方を取っておこう!

税理士試験の消費税法の試験のヤマは?と聞かれたら、絶対に出題されるのは「仕入税額控除」です。今後も、改正される予定ですし、この論点を無視して、消費税法の合格はあり得ないと思います。 仕入税額控除をするために「帳簿及び請求書等の保存」をしな…

実務色の強い試験問題が出題された場合の”事前準備”はコレ!

私は、試験直前になればなるほど、基本問題の完成度を高めてください、と強調しています。それが合格への近道になると思うからです。 一番遠い道のりになってしまうだろうことは、試験直前に応用問題ばかり解き、応用問題に解きなれてしまうことではないで…

さらに記事を表示する

カレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031